鏡を持っている男性

男性型脱毛症は、男性ホルモンが大きく関係していて、進行すると抜け毛が増えて生えてくる髪の毛が細くなります。
そして産毛のような細い髪の毛ばかりになるので、地肌が露出して見た目に影響します。

男性型脱毛症の予防には、食生活の改善が挙げられます。
必須ミネラルの亜鉛は、ホルモンの生成や活性化、バランスの調整などに関与しています。
牡蠣やレバー、ごまに多く含まれています。

またイソフラボンも増えすぎた男性ホルモンを抑制するので、豆腐や味噌など大豆製品をよく食べるようにします。
食事では摂取できない栄養素に、ノコギリヤシがあります。
多くのサプリメントに配合されており、男性型脱毛症に効果的です。

食事が不規則な人はバランスよく食べることが困難なので、サプリメントで栄養を補うと良いです。
しかし本格的に男性型脱毛症の対策を行う場合は、食生活の改善だけでは不十分で、医療機関で適切な薬を処方してもらうのが、最も効果的です。

男性型脱毛症の薬として医師が処方するのは、フィナステリドを主成分とするプロペシアです。
男性型脱毛症の原因である5αリアクターゼの働きを抑制して、ヘアサイクルを正常化します。
4人に一人は大きな効果を得られます。

プロペシアは効果を実感するのに、最低でも3ヶ月、長い場合だと半年以上かかります。
また外服薬としてミノキシジルがあります。
頭に塗布すると血行を促進するので、抜け毛の量が減ります。

これらの薬は、毛が生え始めて服用を止めると再び男性型脱毛症を進行させます。
保険が適用されないので、薬を入手するのに費用がかかります。
さらに副作用も一部の人が、軽度ですが確認されているため、服用する時は医師の指示に従います。

記事一覧
通販での育毛剤の価格をチェック

現在、薄毛や抜け毛で悩む人が増えてきていると言われています。薄毛や抜け毛の原因は以前であるなら、遺伝として避けられないものと捉えられてきましたが、現在ではストレスや生活習慣等の環境的要因も関係していることがわかり、自分で環境調整を行うことで薄毛や抜け毛を治すことも可能となってきました。しかしながら、

2019年07月08日
男性型脱毛症(AGA)に効果的な薬の種類

男性型脱毛症に使う薬は2種類あり、それぞれ特徴があります。まず内服薬のプロペシアです。プロペシアは男性型脱毛症の内服薬として、医師が処方する医薬品です。主成分のフィナステリドはかつては、前立腺肥大症の治療薬として使われていました。しかし服用した患者の男性型脱毛症が改善されたことで、新たな効果が認めら

2019年08月09日
男性型脱毛症(AGA)の様々な治療法

男性の薄毛の原因として大きな注目を集めている男性型脱毛症ですが、これらを発症しても医療機関における適切な治療で薄毛を改善させることができます。そもそも男性型脱毛症は精巣で作り出されるテストステロンという男性ホルモンと頭皮付近にある5αリダクターゼという酵素が互いに反応し合うことでDHTという物質を作

2019年07月04日