• ホーム
  • 一般的な発毛と男性型脱毛症治療の保険の違い

一般的な発毛と男性型脱毛症治療の保険の違い

2020年01月29日

一般的な発毛と男性型脱毛症の治療に関する保険には大きな違いがあります。
普通に発毛をする時には市場で必要になる商品を手に入れて自宅でケアをすることも出来ますが、男性型脱毛症の場合には保険のきかない治療を進めなくてはいけないので基本的な料金が高くなってしまう特徴があります。
男性型脱毛症は専門的な薬を使わない限り治療することは出来ないので、本格的な治療を進めていくときには保険の適用を考慮することができないという違いがあるわけです。
一般市場で販売されている発毛剤は確かに医薬品として提供されているものもありますが、根本的に医学的根拠に基づいて病院で提供されている薬とは違いがあります。
男性型脱毛症を治療するときにはまずその点の違いをしっかりと理解しておきましょう。

そもそも、なぜ男性型脱毛症に保険は適用されないのでしょうか。
確かに、男性型脱毛症は医学的にも男性ホルモンが原因で症状を発症させるものだと考えられています。
しかし、日本国内の保険の考え方を定義している公的機関では、この症状を保険の適用が可能な病気とは定義していないわけです。
海外ではジェネリック医薬品が提供されるほど広く病気として認識されている地域もあるのですが、少なくとも日本ではこのような考え方であるということを知っておきましょう。

では、実際に男性型脱毛症を治療するときにはどのくらいの治療費が必要になるのでしょうか。
一般的に、問診と薬の処方の両方を受けたときには一ヶ月あたりで約1万円程度のお金が必要になります。
それに加えて専門的な薬を継続的に受けることが考慮するのならば定期的にそれだけのお金を支出し続けなくてはいけません。
もちろん、それだけのお金を支出するだけの価値がある治療なので大変人気を集めています。